志望校を選ぶ時によく目にする「偏差値」。「この高校は偏差値が〇〇で...」と説明を受けてなんとなく理解しているつもりになっていませんか?今回は、高校入試における偏差値の活用法についてご紹介します。

そもそも偏差値とは?

そもそも偏差値とは?

偏差値とは、わかりやすく言うと「平均点を50とした時にどれくらい離れたところにいるか」を示しています。「じゃあ平均50点のテストで60点を取ったら、偏差値は60なの?」と思われるかもしれませんが、偏差値にはその集団の点数のばらつきも影響します。

例えば、平均点が同じ50点のテストでも、

A:100人中5人が40点、90人が50点、5人が60点だった時

B:100人中10人が10点、20人が20点、40人が50点、20人が80点、10人が90点だった時の平均50点のテスト

このAとB2つのテストでは、Aの方はばらつきが少なく、Bの方はばらつきが大きいと言えます。

95人が40点や50点しか取れないテストAで60点を取るのと、3割の人が80点や90点を取っているテストBで60点を取っているのとでは、前者の方が平均から離れたところにいることがわかりますよね。

このように、集団のばらつきの変化でも偏差値は変わるのです。

高校入試における偏差値とは

高校の偏差値は模試の結果をもとに決められています。その高校への入学者の中で最も低い偏差値が基準となっているのです。

先ほど書いたとおり、偏差値は集団の点数のばらつきによって変化しますから、どの模試を参考にしたかによって高校の偏差値は変わっていきます。志望校の偏差値を確認する際は、どの模試をもとに算出されているかを確認しておきましょう。

偏差値を活用した志望校選び

高校入試に向けて志望校を選ぶ際、自分の偏差値を把握しておくことは大切です。

しかし、「学校での偏差値は〇〇だから、××高校なら安心」と考えてはいけません。その偏差値は色々な高校を受験する生徒の中での偏差値でしかありません。志望している××高校の受験生の中での偏差値が高校の偏差値に届いていなければ意味がないのです。

そのため、塾で行われる模試を活用して偏差値を知っておくことが大切です。模試の偏差値であれば実際の受験生と似た集団での結果が得られるため、受験生全体の中での自分の位置を確認することができます。

偏差値に振り回されない

偏差値に振り回されない

ただし、模試の偏差値はあくまで「模試」の偏差値でしかありません。参考にしつつも、最終的には高校入試できちんと結果が出せなければ意味がないのです。

模試で良かったからと言って手を抜いたり、逆に模試が悪かったからと投げやりになったりせず、最後までやり抜くことが最も大切です。

富山県内の高校を受験する予定なら、ぜひ一般社団法人富山県教育ネットワークが主催している富山全県模試を受けてみてください。富山県の県立高校入試の問題に近い難易度で問題が作成されており、他の中学校の生徒と一緒に試験を受けるため、本番さながらの雰囲気を体験することができます。

「自分の学力がどれくらいのレベルなのか知りたい」「高校入試の雰囲気に慣れておきたい」という受験生のお申し込みをお待ちしています。

富山で高校入試のために模試を受けるなら一般社団法人富山県教育ネットワーク

名前 一般社団法人 富山県教育ネットワーク
住所 〒939-8195 富山県富山市上野315 アネスティ南 102号
URL http://www.toyama-edu.net/
電話番号 076-471-8703(事務局)
全県模試
ページトップへ