富山県内には数多くの学習塾がありますが、子どもの学習塾を選ぶにあたり、個別指導と集団指導のどちらが良いかお悩みではないですか?実は個別指導にも集団指導にもメリット・デメリットがあるのです。今回はそれぞれの指導法のメリット・デメリットをご説明すると共に、選び方についてもご紹介します。

個別指導のメリット

個別指導のメリット

個別指導のメリットは何と言っても、生徒に合わせたオーダーメイドの授業ができることです。そのため、苦手な部分について確実に理解できるよう、じっくり丁寧に取り組むことができますし、得意な部分ではレベルの高い課題にチャレンジすることも可能です。

生徒一人ひとりに合わせた課題設定により、「できた!」という達成感を積み重ねて、自信につなげていくことができます。

個別指導のデメリット

自分のペースで勉強するため、学校のカリキュラムに合わせた試験や模試では思うように成績が伸びにくい可能性があります。また、わからないところがあってもすぐに質問できるため、ちょっとわからないと感じると、すぐに質問して答えを聞くクセがつき、自分で考えなくなることがあります。

集団指導のメリット

集団指導では他の生徒がいるため、「自分も頑張らないと!」と集中して勉強することができます。また「〇〇高校クラス」や「××高校対策講座」など、特定の学校への対策に取り組むクラスも用意されているため、志望校が決まっているなら、そのクラスを活用することもメリットとなるでしょう。

集団指導のデメリット

「学校の勉強で遅れがち...」というお子さんが集団指導に入っても、また遅れてしまい、自信や意欲をなくしてしまうことがあります。お子さんのレベルに合ったクラスを選んで参加することが大切です。また人と競争することが好きではない子にとっても集団指導は精神的な負担となってしまい、不向きといえます。

マイペースな学び方を重視するなら個別指導を選ぶ

「自分の得意を伸ばし、苦手を克服したい」というお子さんや、「周りを気にせず自分のペースで勉強したい」というお子さんには個別指導が向いていると言えるでしょう。また学校の勉強についていけず、自信や意欲をなくしているお子さんが勉強の楽しさを体験し、意欲を取り戻すためにも個別指導はおすすめです。

絶対に合格したい志望校があるなら集団指導を選ぶ

絶対に合格したい志望校があるなら集団指導を選ぶ

他の子どもたちと競争することでやる気が出るお子さんは集団指導がおすすめです。また学校の授業にはある程度ついていけており、志望校を狙った受験対策がしたいという時にも集団指導の学習塾を利用すると良いでしょう。

一般社団法人富山県教育ネットワークは、富山県内にある学習塾の資質向上・モラル向上・安全性の拡張を目指している団体です。

その取り組みの一貫として、独自の認定基準・審査員を設け、基準を満たしていると判断された塾を「一般社団法人富山県教育ネットワーク認定優良塾」として認定する取り組みを行っています。

サイト内に一般社団法人富山県教育ネットワーク認定優良塾一覧を掲載していますので、富山にお住まいで中学受験や高校受験を控えているお子さんをお持ちの方は、ぜひそちらの情報をお役立てください。

富山で学習塾に通うなら一般社団法人富山県教育ネットワーク

名前 一般社団法人 富山県教育ネットワーク
住所 〒939-8195 富山県富山市上野315 アネスティ南 102号
URL http://www.toyama-edu.net/
電話番号 076-471-8703(事務局)
全県模試
ページトップへ